見た目が大切??掃除をしておきましょう

ファーストインプレッションが大事

アンティーク家具を売る時はファーストインプレッションが大事です。一目見た時に相手が小汚さを感じたら大きなマイナスになりますし、綺麗であれば積極的な姿勢になってくれます。売る家具だからと言って何もせず渡すよりも、拭き掃除等で余分な埃を落とす必要があります。
ただ、傷を安易にペイントで誤魔化したり穴を塞ぐ等の施しは完全な正解とは言えません。見た目は綺麗になるかもしれませんが、アンティーク家具は時が経って出てくる味も大きな魅力だからです。そんな味を打ち消してしまうような補修は、避ける必要があります。素人が補修をすると、逆に安っぽさが出てしまうかもしれません。なので、取り除ける汚れだけは見逃さないように注意します。

保管方法にも注意する

アンティーク家具を売るという状況は、引っ越しの際や長らく使っていない時など色々あります。中でも、長らく使っていない時の保管方法には気を付けたいです。雑に保管をすると虫やペットの餌食になってしまい、売るどころか廃棄せざるを得ない状況になります。普段使っている家具は頻繁にケアできますが、物置の奥に入れてしまうと何日も目が行き届かないので傷んでしまいます。
また、アンティーク家具を持ち込む際に傷つけてしまう可能性もあるので注意したいものです。家具を移動させるという行動は頻繁に経験することではないので、誤った固定や運搬をしてしまう可能性があります。出張買取を実施している業者も多いので、積極的に活用します。